モーリス ヨーステン

1962年 オランダ ハーレムに生まれる。アムステルダムのアートアカデミーにて現代美術彫刻を学び、ロイヤル アカデミー オブ ビジュアルアーツのフェローシップ修了。

1997年イタリア トリノに移り、長年にわたりギャラリーStudio Trisorio(イタリア・ナポリ)とコラボレート。同時期に、ヨガとnondualityの教えに触れ、深める。2003年東京におけるパナソニックのパブリックアートプロジェクト完了後、日本に拠点を移す。

2006年より、アットアロマ株式会社(東京)にて、アロマスペースデザイナーとしてコラボレーションをスタート。(http://www.at-aroma.com) デザインしたオリジナルフレグランスは、SHIPS、富士屋ホテル、ウエスティンホテル、Sony、Seven Stars(JT)、Honda,メルセデスベンツ、三菱自動車等でスペースの演出に使われ、ANAではオリジナルアロマのためのアロマストーンのデザインを手がける。
2004年から鎌倉、葉山にて定期的にヨガを教える。
2013年よりベルリンに居を移す。

2010年9月発売「アロマのある空間」 日経BPコンサルティング 発行
インタビュー掲載
(http://www.at-aroma.com/voice/eye/backnumber/05.html)

2010年11月20日 "ジャパンタイムス インタビュー" 掲載:
(http://tinyurl.com/2bd3ec6)

2011年9月 SHIPS online magazine vol. 2 インタビュー:
(http://tinyurl.com/3drmjxj)

2012年4月 - インタビュー: fragrantica.com
(http://tinyurl.com/6s3mjf9)